現在レッスン生の募集はしておりませんテニス


次回の募集は平成31年3月からになります☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:


2018年05月27日 22:08  カテゴリ: FTKの思い・特徴

テニスの試合ができるように

愛知県の西三河、幸田町で
ジュニアのテニス教室を
させていただいでおります
FTKです!テニス

お読みいただきありがとうございますキラン

錦織圭選手、大坂なおみ選手の活躍により
テニスブームが続いておりますわーい


「tennis365net」さんより写真をお借りしました
http://news.tennis365.net//news/today/201805/119657.html

たくさん方々にテニスの試合を
見ていただく機会が
増えてきたことを
大変うれしく感じます!

プロの選手が出ている大会には
審判の方がジャッジやコールを
してくださいますが

実は子どもたちが出る試合や
一般の方たちの試合には
審判はつきませんもうだめー

では、どうやって試合が成立するの??
と思いますよね?

テニスの試合は
よっぽど大きな大会でない限り
ほとんどの試合は
セルフジャッジで行われます。

セルフジャッジとは・・・

言葉の通り
『自分自身でジャッジをする』
という意味になります。

スコアはサービスをする選手が
自分自身でいいます!

「アウト」「イン」の判断は
ボールを受ける側の選手が言います。

それなので、試合では
自分と相手の選手の2人きりで
進めていくことになりますげんこつ
(シングルスの場合)

選手はプレーしながら
スコアも覚えておき
ジャッジをしていくことになります。

でも、私もよくあるのですが
ラリーが続いたり
必死にプレーをしていると

スコアがわからなくなって
しまったりしますえーんえーん

そんな時は
「今、スコアはいくつですか?」
と相手の方に尋ねれば大丈夫です!

試合を始めてたばかりの子は
まだまだプレーにも自信がなく
緊張もしているため
すぐにスコアを忘れてしまいます水滴

でも、そんな時には
「わからなくなったら
何回でも聞けばいいんだよ!

よくないのは、知っているふりをして
そのまま試合を進めていくこと。

もし、相手の子も
スコアがわからなくなっていたら
今、いくつなのかが
全くわからなくしまうからね」

と伝えています。

「最初はわからなくて当たり前だよ。
それより、頑張って試合に挑戦したり
勇気を出して大会に参加をすることが
とっても大切なことなんだよ!」

とつけ加えます。

最近のジュニアテニスは
低学年の頃から試合に出ていく
お子さんが大変多いです。

最初のうちはサーブもあまり入らず
ルールも間違えたり
ラリーも続かないのですが。

小さい頃から試合に親しみ
慣れている子は中・高学年になってから
堂々と試合に臨めます!

高学年のお子さんは
精神的野も大人になってきていて

はじめて試合に出た時などは
少しの失敗でも
恥ずかしいと感じる子も多いようです下矢印

練習では上手にプレーができる子でも
試合の進め方に自信がなく
本来の力が出せない・・・。
ということが往々にしてあります。

「間違えてしまったどうしよう・・・」
「失敗したら恥かしい・・・」
という気持ちが強いように感じられます。

見ていても
「この子は本当はもっと上手なんだろうな
もったいないなぁ」と思います。

FTKでは

子どもたちが自信を持って
プレーができるようになること。

攻めの、決め球が打てるようになること。

また、攻められている時に
ミスなくボールを返す。という
つなぎのボールと

どちらにも属さない
ニュートラルなボールが
打てるようになること


を目指しております。

そのためには

わたくし自身も常に
最善のレッスンを提供すること。

たくさん練習が出きる環境をつくること。

ゲーム練習もたくさんすること。

気軽に大会にでられること。

を意識しております。

ピアノや習字でも
発表会や作品展などがあることによって
上達していくのではないのでしょうか?

これは試合や発表会、作品展で
良い結果を出すことが目的なのではなく

目標を立てることによって
自分の欠点を練習したり
得意を伸ばしたり

集中してレベルを
向上させることができる点が
一番の良いところなのではないでしょうか。

また、結果がでて
悔しい思いをしたり
自分を振り返ることにより
新しい課題や目標をみつけられ

これからの練習に
打ちこみむこともできますよね四ツ葉のクローバー

FTKではボールを打つ練習だけでなく
試合参加を目標に
練習しております!

興味のある方はお電話にてご連絡ください太陽

長文お読みいただきありがとうございましたキラン





  


Posted by FTK │コメント(0)